《タワー建塔奮闘記》

私は2010年7月の関西ハムフェスティバルでデモを見たとき、眠っていたタワーアンテ ナへの夢が目を覚ました。2011年の同フェスティバルで田辺さんとFTIのブースに行ったところ、こちらの意向に沿ったラインアップを直ぐさま提案され 見積もりを戴くことになった。2012年2月に発注し4月上旬に基礎が出来上がり、4月中旬にFTIが下見に来てからヤキモキしながら待つこと2ヶ月半、 6月末の週にタワー建塔工事となり同月28日に完工した。しかし、ここまで来るには大変な苦労があった。プレハブを建ててくれた業者に基礎工事を依頼し基 礎穴を掘削してもらったところ90cmの深さに岩盤が現れた。2m離れたところを掘削しても同じ状況で万事休すかと頭中が真っ白になった。基礎工事の社長 が直ぐさま削岩機の着いた重機を手配、庭は削岩機とパワーシャベルの2台の重機が7時間掛けて岩盤を砕き1.8mまで掘削してくれた。このときの削岩機の騒音ではご近所に大変迷惑を掛けてしまったが、私には心地良い響きとなって現在でも忘れられない。このとき諦めずに頑張ってくれた基礎工事会社々長と現場監督さんには感謝感謝である。

2012年2月上旬  タワー発注。

     2月22日 建築確認申請のテクニックを伝授のため山地会長宅を訪問。

     2月28日 FTIから基礎アンカーとアース板の準備が出来たと連絡あり。

     3月 8日 基礎工事屋と打ち合わせ。

     3月14日 アマチャ無線鉄塔の建塔位置の水道パイプを撤去。

  3月29日 基礎掘削工事とアース板の埋め込み工事。

 jg3bxs_ant1  jg3bxs_ant2
騒音の酷い削岩機がうなる 岩盤をつらぬいた宝の穴
 jg3bxs_ant3  jg3bxs_ant4
シャベルと削岩機を吊り上げた 鉄筋とアンカーボルト
 jg3bxs_ant5  jg3bxs_ant6
ポンプ車とミキサー車 基礎の仕上げ
4月2日 鉄筋組みとコンクリート3立平を流し込んだ 4月12日 基礎枠を外して完成。

4月13日 FTI阿部氏が下見。

6月25日(午前中)タワーの建塔工事。

 jg3bxs_ant7  jg3bxs_ant8
トラックからタワーを降ろす タワーの吊り上げ 
 jg3bxs_ant9  jg3bxs_ant10
基礎に据え付ける瞬間 下準備のエレメント組み
6月26日(16時頃から)アンテナ組み立て下準備。
 jg3bxs_ant11  jg3bxs_ant12
組み上がったエレメント T59GX-3040 取り付け
6月27日 アンテナ取り付け工事。
 jg3bxs_ant13  jg3bxs_ant14
CD78Jr-H 引き上げ CD78Jr-H 取り付け
6月28日 ケーブル関係とアース棒打ち込みで工事完了。
 jg3bxs_ant15  jg3bxs_ant16
完成したタワー1 完成したタワー2
最後にいろいろお世話になった山地会長さん
並びにクラブ各局さんにお礼申し上げます