今世紀最初のSEANETコンベンション

第29回SEANETコンベンションに参加して

JA3AER 荒川泰蔵

2001年11月9日から11日まで、東マレーシアはサバ州コタキナバル市で今世紀最初のSEANETコンベンションが開かれ、それに参加する機会を得ましたので報告させて頂きます。

会場はThe Pacific Sutera Hotel で、海岸に面した素晴らしいロケーションにあるリゾートホテルです。ホストとして主催したSARS(Sabah Amateur Radio Society)の発表では18エンティティから108名(内JAからは17名)の参加です。

11月9日

私はJA3AA島さん、JA3UB, JR3MVF三好さんご夫妻、JA3ART海老原さん、JH3GAH後藤さん、JA4HCK馬場さん達とグループとして、関西空港からKL経由でコタキナ バル空港へ到着したのですが、9M6LK, Lawrence他3名が空港まで出迎えに来てくれており(写真1)、あなた方が最後だと会場であるThe Pacific Sutera Hotelまで車で送ってくれました(写真2)。早速SEANET2001の受付で3日間の会費US$85を払ってチェックインしました。

(写真1) (写真2)
例によって特別記念局9M6SEAがホテルの1室に設置されており、コンベンションへの参加者は自由に運用できるようになっていました。FT- 900, FT-747GX, TS-430S, IC-207と日本製のトランシバーが並べられ、メインはFT-900と屋上に設置された3エレ・トライバンダーの組み合わせで(写真3)、14MHzと 21MHzを中心に参加者が交互に運用を楽しんでいました(写真4)。JAの方角は直ぐ海とFBなロケーションだったこともあり、QSOの相手はほとんど がJA局でした。NDXAのメンバーでどなたかQSO頂いた方はおられませんか。

(写真3) (写真4)
午後7時からは歓迎夕食会が盛大に開催され、SEANET2001の組織会長である9M8NS, Tham Nyip Shen の歓迎挨拶があった後(写真5)、原JARL会長のメッセージをJA9AG吉井さんが紹介、JH3GAH後藤さんが代読しました(写真6)。

(写真5) (写真6)
11月10日

朝食後Sutera Harbour を背景にグループ写真を撮影後(写真7)、2台の大型バスに分乗して観光にでかけました。回教寺院、仏教寺院、サバ州政府の建物等を見学の後、博物館では 高床式のロングハウスなど色々な家屋を見学しました。昼食は郊外の海岸に面したリゾート地 Langkah Syabas’ Beach Resortででしたが、ここにはJA1BRK米村さん達FEDXPのDXer 数名が宿泊してDXペディション中でした。昼食後は首狩族の民族村を見学、天井に吊るされた頭蓋骨に驚き、民族舞踊のショーでは見学者もステージに上がっ て踊るなど、外国人には新しい経験でした。そして最後は、フィリピン人が店を並べる手工芸品マーケットでのショッピングと、盛り沢山なツアーでした。

(写真7)
シャワーで汗を流して、午後7時頃より晩餐会が始まりました。民族衣装などの正装から、カジュアルな服装まで入り混じって賑やかです。9M6MA, Hj. Hassanの司会で始まり、9M8NS, Tham Nyip Shen の歓迎挨拶、MARTSの元会長9M2RS, Rashidの挨拶に続き、Official Opening of SEANET2001としての「どら」が打ち鳴らされ、民族舞踊を鑑賞しながらの夕食が始まりました(写真8)。

(写真8) (写真9)
賑やかな談笑の夕食が終わった頃、SEANETコンテストの入賞者の表彰式があり、続いて恒例になった各国毎のパーフォマンスが披露されましたが、JAはJA5BM西川さんとJA5TFF藤原さんが準備してくれたカラオケに合せて「瀬戸の花嫁」を合唱しました(写真9)。

11月11日

予定時刻を遅れて午前9時頃から9M2KN, Kenの司会でテクニカルプレゼンテーションが始まり、筆者はJA1RJU小笠原さんと一緒にD68CコモロDXペディションをスライドで報告させて頂きました。関ハムで報告させて頂いた英語版ですHi(写真10)。

(写真10)
そして、2003年の開催地を討議の結果、西マレーシアのジョホバル市と決め、2002年度の開催予定地パース市(オーストラリア)の紹介があり、 SEANETのペナントがSARS会長9M6ET, StephenからVK6XC, Benに手渡され、SEANET2001は幕となりました(写真11)。そして、賑やかなFarewell Lunchを最後にパースでの再開を約して流れ解散しました(写真12)。尚、SEANET2002はPerthで2002年11月1日から3日間の予定 です。NDXAの記念行事の一つとして皆で参加し、VKからQRVしませんか。

(写真11) (写真12)
その後、関西からの一行は小型機でMuluに出かけ、ボルネオ島のジャングル探検?と簡単なセットアップ、それぞれに割り当てられたコールサインで HFにQRVしました。私の場合は9M8AERという3ケ月間の免許でしたが、これは事前申請により、日本の免許をベースに与えられたものです。

<<写真説明>>
写真1.Kota Kinabalu 空港での出迎え。
写真2.会場になったThe Pacific Sutera Hotel全景。
写真3. ホテルからのビュー。右側の屋上に9M6SEAのアンテナが見える。
写真4.特別記念局9M6SEAを運用するJA3AA島さん(手前)とJA1CIC貫井さん。
写真5.夕食会で歓迎の挨拶をする9M8NS, Tham Nyip Shen 組織会長。
写真6.原JARL会長のメッセージを代読するJH3GAH後藤さん。後ろはJA9AG吉井さん。
写真7.Sutera Harbourでの記念合同写真。
写真8. Gala Dinnerでは民族舞踊での歓迎を受けた。
写真9.JAの参加者全員で、カラオケに合せて「瀬戸の花嫁」を合唱。
写真10.D68CコモロDXペディションの報告をする、左からJA3AER荒川、9M2KN, Ken(司会者)、
        JA1RJU小笠原さん。
写真11. 次期開催地Perthへの引継ぎ。左から9M2ET, Stephen、VK6XC, Ben、9M2KN, Ken、
        YB0AVS, Gary。
写真12.和やかなFarewell Lunch風景。

エレキーのお話

島津清孝 (9V1DJ / JA3KAB)

最近、当地シンガポールで2つ目のエレキーを製作し、昨日ケースに入れました。タバコほどのサイズで、半年ほど前にPK-3という米国製の専用IC を使って作ったものと、外観は殆ど同じです。但し今度はプログラムを自分で作ってPICマイコンに搭載し、またエレバグキー(後述)のモードも持っていま す。

今度のは自分のコールによるCQ送信をプログラム(メモリーではなく)してあり、これもバグキー風の信号で出てきます。まるで自分の子供のようです、hi,hi.

しかし、これまでに作ったエレキーは、かれこれ10個に近く、一体ワシは何をやっているんだろという気にもなります。思い起こしてみれば、古い話です。今までにどんなエレキーを作ったんだったろうか?オールドタイマーの昔話に、少しばかりお付き合いのほど。

1号機

あれは’68年、高校2年の頃でした。月に1000円あったか無かったかの小遣いで部品を買い、CQ誌の製作記事を見ながらトランジスタを2個と、 リレーを使ったエレキーを作りました。パドルなんて高くてとても買えず、金切りのこの刃を2枚貼り合わせてパドルも作りました。

うまく動いたので、しきりに遊びましたが、電信が下手だったので、それで波は出しませんでした。

2号機

実際に電信でQSOするようになってからの事です。1号機の信号は、スペースが極端に短く、ツーツーツーと打ったら、ツールールーと符号が出て、実用には難しいと知りました。(しかし、スピードの速い人には、ちょうど良いスペースであることも知りました。)

’70年ごろ、友達がデジタルICを2個、トランジスタを2個使った、論理的に正確な信号が出せるエレキーの回路をくれたので、初めてICを使っ て、これを製作しました。パドルとケースは、1号機のものを流用しました。まだゲルマニウムトランジスターを併用していました。抜群に行儀の良い信号が出 るので、感動しました。

しかし使っているうちに、しばしば短点が1個少ない信号が出るので、閉口しました。2号機は長い間の冬眠の末、シンガポールまでついて来ました。

2号機蛇足

2号機はDTLのICを2個使ったものだったのですが、消費電流はバカにならず、電池ではなく外部電源で使用していました。外部電源は実験用のもの で、スイッチ切替えで15V以下のレンジと25V以下のレンジに切りかえることが出来ました。電源電圧は5Vですがある時、間違ってトランシーバーへの供 給圧12Vをかけてしまい・・・、あっ と思ったのですが、既に遅し。ところが、12Vでも、ちゃんと動作することを発見しました。(絶対に真似しないで下さい)

ある日、友達に電源装置の説明をし、25Vレンジに切替えて電圧を上へ上げたら、どこかで「キュー」と言う音がしました。しまった!エレキーの電源スイッチを入れていた!(出力がオンになり、モニターの音が出た。電圧を変更の途中だったので、音の周波数がひゅーっと変化したらしい。)

電源電圧を下げてエレキーの動作を確かめたのですが、すでに動かなくなっていました。泣く泣くICを買いに(あの頃は高かった)行き、入れ替えたら動くようになって、それでしばらく使っていました。

しかしつぶれたICが、捨てるにくやしく、どの部分が壊れたのか、テスターで動作をひとつひとつ確認しました。すると、2個のうち1個、フリップフ ロップは壊れておらず、ゲートICの、4回路入っている1個だけ出力がショート状態である事がわかりました。壊れた回路に繋がっているICピンをニッパー で切り取り、もう一度これらのICを基板に戻したら、何と、動作するではありませんか!

そんなアホな! 目の前の状況は、真空管を1本抜いたラジオが鳴っているような(当時の心境です)信じられない事です。組み立て前に、回路の動作原理をよーく理解して取り掛かったのにー。

(写真は2号機の基板。左のICの手前右から2本目から4本目まで、足がちょん切られているのがわかるでしょうか?) もう一度回路図を取り出し、切り飛ばした部分をにらみ、よーく考えると、元の回路と少し異なる原理で動作する事に気がつきました。

しかし、こんな偶然があるでしょうか? しばし開いた口がふさがりませんでした。この2号機の基板は、足を3本切り取ったICを乗せたまま、今もシンガポールの家で眠っています。

3号機

2号機の短点が足りなくなる現象は、短点メモリーが無い事が原因と思い当たり、メモリーつきのキーヤーを作成しました。 74年、大学の4年になっていました。大学の工作センターでアクリルを加工し、ケースをひねっても影響を受けない、しっかりしたパドルを製作しました。

動作は満足の行くものでしたが、送信機からのインターフェアを受けて誤動作することがあったため、ケース内のそこらじゅうにパスコンをつけまくりました。これは大変に実用的で、ずいぶん使いました。

TS520にアップバータをつけて、50メガから430メガまで出ました。

 

4号機

81年、米国でメッセージがメモリーできるキーヤーのキットを見つけ、米国みやげ代わりに製作しました。キットの部品が足りなかったり、間違って高 電圧をかけて壊してしまったり、さんざの目に会いましたが、出来あがりは大変にスマートで高機能。メーカーの実力に脱帽でした。因みにヒースキットで、当 時のお金で3万円相当の米ドルを払いました。思えば、円安の時代でした。

5号機

バグキーを打ちたかったのですが、腕が伴わず。ある時、エレキーで手動の長点を出し、その後の符合とのスペースを自動調整すれば、きれいな信号が出 せることを思いつき、早速実験開始、3号機にボードを付け足して、自称「エレバグキー」を完成させました。喜んで使いました。86年でした。

6号機

この頃、CMOSのICを多数使ったVFOなどを作り、消費電力の少なさが気に入っていました。CMOSは送信機のインターフェアーも入りにくいと の情報もあり、電池で運用できるようにしたい、またかなりはやってきていたアイアンビックキーヤー(スクイズキー)にもしたい、などのニーズ(誰の?)に も応えて、一念発起、1枚基板、CMOS、電池内臓、スクイズキーもついたエレバグキーを設計し、完成させました。

これで気分良くエレバグモードの和文QSOをやりました。これはかなり気に入り、87年のCQ誌に投稿し、掲載されました。ところが、回路図とパ ターン図の両方にミスプリがあり、多数問い合わせを受けました。北海道から不動作の実物も送られてきました。これもシンガポールについてきましたが、当時 小型と思ったその作品は、今にち改めて見てみると、IC706より少し小さいだけです、hi,hi。

7号機

ある時期、ようやく私も機器への組み込み用マイクロコンピューターが使えるようになり、色々の製作をやりました。ある時、日本橋で600円のマイコンボードが売られているのを見、早速購入しました。600円のコンピューターなんて、私には考えられませんでした。

ところが、こんな簡単なものでもエレキーが作れることを思いつき、早速例のエレバグキー(もちろん、普通のエレキーのモードもある)をやってみました。大成功。

気分を良くして、またCQ誌に投稿しました。96年のCQ誌に掲載され、プログラムや、焼付け済みのROMの提供要請が入りました。シンガポールへ来てからSARTSのミーティングでも1度発表しました。

8号機

シンガポールで9V1KJ工藤さんに貸してもらって読んだ2000年のCQ誌に、PK-3という超小型のエレキーICの記事が載っており、米国のメーカーから買ってボードに組み付けました。

一方、9V1JA生沼OMに、PK-4ポケットキーヤーなる物を見せてもらい、超小型キーヤーへの電池ホルダーの組み込み、ボードに取り付けたスイッチの頭をケースの外に突き出すやり方など、ヒントをもらいました。

大阪に帰ったときにタバコ大のケースを買い(詰め込めるかどうか自信が無かったけれど)、シンガポールへ戻って、組み込みました。きっちりの大きさでした。6号機と並べてみて、大幅なダウンサイジングに恐れ入りました。しかし、エレバグモードが無いのが、不満でした。

この頃、実験用等に持ち運びの簡単なパドルが欲しくなり、手のひらに乗る簡易パドルを1個作りました。シンガポールに持ち込んでいた2号機、5号機 から、のこぎりの刃やアクリルを取り出して、これに使いました。2号機は分解となりましたが、30年振りに部品が再利用されました。5号機は、残った部品 で抜き出した部分を代替して、再度組み立てました。

9号機

今年になり、私もPICマイコンが少し使えるようになりました。最初に作ったものが、LEDをネオンのように点滅させる実験ボードで、日本人ハム仲間のアイボールQSOの時皆さんに見せたら、ばかばかしさに大笑いされました。PICは容量が小さいですが、何と言ってもその小ささと、安さ(1個150円からある)は大きな魅力です。また、省電力です。

これに7号機のソフトを移植してエレバグキーを作りましたが、スピード設定は、まだスイッチでしか出来ませんでした。ローカルハムの9V1ZK、 Fredさんが、ADコンバータが無くても、アナログの抵抗値を測定することが出来るというアドバイスをくれ、早速教えてもらいました。その技法を用いて PIC版のエレバグキーの実験を重ね、出来あがりました。何と、キーヤーの中で、掛け算やら割り算までやっています。自動でCQも出ます。

Fredさんがこのキーヤーを気に入り、回路図を清書してくれたり、基板を設計したり、とうとう出来たての基板5枚を気前良くゆずってくれました。 例によって、タバコサイズのケースに組み込んで、完成です。バグキー風のCQにカスタマイズし、世界にまず1台しかないと、自己満足しています。 hi,hi。

あー、やはり9台でした。いままだ残っているのは、4号機以降です。2号機はボードだけになりましたが、今も部屋で眠っています。このうち、モニター発信機は、33年前の1号機のものです。私も、物持ちがいいですね。

え!、つまらん話やった? すみません。

これは、寝る前に読んでください。眠くなりますので。あ、朝でしたか? どうもすみません。

あとがき

自動CQのエレバグキーヤー(9号機)に興味のある方は、お知らせ下さい。Fredさんがくれた基板がまだ3枚残っています。ソフトはメールでお送 りします。或いは、実費で焼きこみ済み(勿論、コールサインを指定のものに入れ替えます。hi,hi。)のPICマイコンを提供します。

え、そんなけったいなもの、いらん?どうもすみません。

 

島津清孝

9V1DJ/JA3KAB


N D X A Report 2002-号外1 No.329