2001-12-12_0105

名寄川通信
2001/12/17

ホットな姿] 2001/12/07 10:42

今日はほん降りの様相を呈しており、今も猛烈に降りつけている。とは言っても、ここの天気は刻々と変化して晴れ間を覗かせるからややこしい。先ほど、その晴れ間の一瞬を撮ってきました。

2001-12-12_0106
a.街中の道路では、早くも、歩道が隔離されて雪の回廊が出来始めている。これは除雪の雪のやり場(排雪が遅れる)の関係から出来てしまいます。
b.表通りの「8号通り」です。昨日(の写真)よりも、雪の量が見に見えて増えました。

2001-12-12_0107
c.マンションの裏窓(私の部屋)が「雪囲い」の板で塞がれてしまいました。いよいよ一冬、この姿で雪に埋もれます。理由は、隣家との間に天井からの雪が落下して堆積するから、この圧力への対抗措置です。
外は明るいが、バンバン降り続いている!!。

滑ったぞー!!] 2001/12/10 6:26

冬、内陸部の名寄は、他に比べると意外に晴れることが多い。その晴れ間の「初すべり」を楽しみました。10時からの無料開放日、みんなが心待ちにしていた日です。やはり近くに居ると、ピヤシリがオープンしないと、本当のスキー・シーズンじゃないヨ!!、との思いが強い。
2001-12-12_0108
a.まずゲレンデ状態から。第二第一共にブッシュも無く快適に滑走が可能。数箇所にx印の回避ポールを見かける程度で、目障り観はなし。
b.ジャイアントには圧雪車が入り整備中。ここはまだ滑走はNG。
c.第三の急斜面には、まだブッシュがびっしり確認されるからダメ。イースタンも未開放。
d.ずぼら野郎は11時過ぎに、ベースワックスを剥がしたままで滑走を始めた。第二から第一へとスルスルするっと降りてしまう。もっと感触をみる積もりが、体が自然に落ちて行ってしまった感じ。

この後、登りのリフトの上で、不思議な感覚に酔ってしまったんだよなぁー。どうやってこのスキー場に来たのかなぁー。さっきの第一走は、どう滑って来た のかなぁー、と一瞬、記憶が定かでない。何だか変です、夢遊病者の感覚なんですよ。 初すべりへの感情の高まりもあってか、こんな気分に浮遊したのも始め ての経験です。後で、ロッジの事務所でこのことを話したら、さるお方から、アルツハイマーの話が出たが。さては先日、中沢大教授と敢えて所望した、あの ビーフにヤラれたかっ!!。まあスキーの大先生と心中だったらハッピーかっ、と思い直した次第デース。

2001-12-12_0109
北の雪は、初すべりから良く滑る。まだ、転ぶのを忘れとったなぁー、フフフ。その夜は、鈍い疲れが残り、夜中に数回目を覚ましましたよ、とさ。

怠惰なスキー] 2001/12/11 5:03

この冬、どうも、朝早く出る習慣に変化がおき始めている。それが悪い方への引力だから困る。8時や9時には出発できないんだよナァー、何となくお尻が重くってねぇー、出るのが10時過ぎになる。駐車場が遠くにあるせいも多分にあるが(歩いて7-8分)。
2001-12-12_110
昨日は快晴(-13.3℃/-17℃士別)。滑り始めたのが11時、ざっと見渡してもゲレンデには10名弱、それに殆どがボーダー野郎ときた。こんなに 少ないと拍子抜けで、甚だノリがワルイ。お昼前にはさっさと止めてしまい、食堂に駆け込む始末。少し待ってみたが、友人達の顔も見えないので、スキーを仕 舞ってしまい、14時頃には街に引き揚げてきた。 本州の皆さん方には大変勿体ない話なんですが、地元の感覚とは、ざっとこんなもんなんですよ。ごめん チャイ。
2001-12-12_111
罪滅ぼしに写真はバッチリ撮ってきましたよ。ジャンプ台がリニューアルしたせいか、複合選手の合宿が目立ちます。その健康の森リンクでの、トレーニング風景です。そうそう、朝方、名寄川では”けあらし”が立っていました。サンピラーが近いぞぉー!!。

札幌は大雪、名寄は快晴だよ] 2001/12/11 14:15

本日は(お疲れで)、SKI休業日と決め込んだ。途端に晴れやがって、ギンギンの好天気。何と新千歳(空港)は閉鎖寸前の有様、札幌でも降雪が続き、何と 56cm/一日と凄い降りよう。一方、内陸部にある名寄では快晴無風のスキー日和だから、冬の天気は気ままならんもんですなぁー。
いま昼食を豪華(お神酒入り)に済ませた処。これから(愛用の)長靴を履いて、一杯機嫌で街に繰り出し、久しぶりに、友達の顔でも見てくっかぁーっと・・・。
添付は、「日進橋」の付替え工事ですが、雪国の冬季工事には、このような風防サッシが張られたドームの中で行われますよ。

[仮想ゲレンデ] 2001/12/12 4:08

いみじくも、磯谷さんに言わせてしまい。(本当は、言いまくりたい)「仮想ゲレンデ」なる我田引水(怪しい)技術論を始めることに相成りました。その内 容の出来とは、実は、2月にお見えになる生徒さん次第でありまして、あの関西連合なる、スキー・アルカイダ軍団が変身するかどうかで見極められる訳であり ます。前置きはエエ、まずはおっ始めまーす。

初回は、ブーツの調整です。ここに登場するのが、インソールの機能で。有名な商
品名が「シダス」なのであります。

(1)ブーツのチューニング
新品を買ったままで、ジャスト・フィットであれば何も言うことなしでバンザァーなのですが、ブーツ・メーカーがEU中心であり、極東民族の足型(甲だか 幅広の百姓足)は考慮されておりません。それに人間様、左右の脚長が僅かに長短があります、股関節からの延長にも、足首からみての傾きに差があります。
これらの誤差を、ブーツ側で補完修正してやろうとの(商業主義的な)思惑があります。ここでのブーツ・チューニングとは、次の機能になります。
a.インナー・ブーツを熱処理(やシリコン注入)してやり、極東民族用に「当たり」を無くして、フィット感を高める作業です。
b.次は、前記指摘の後者。足首を中心にした、左右の傾きや長さを、ブーツの「下敷き」を加工してアジャストしてやる作業があります。ここの素材(商品名)がシダスなのです。
ブーツは、買いっぱなしではなく、前記2作業を併用するのがベスト。最低でも、後者のシダス調整(分かりやすく言えば、カント調整)だけはショップでやっておく必要があります。

(2)チューニングの効果
前者のフィット感は、上級者にとっては(高価でも)切り離せない魅力があります。ここでは、後者の効果をスプレッドします。
a.左右のエッジが良く立つ(トイレの小用時にも実感できるよ)。
b.雪面でのバランスの基点が明確になる(静止局面で、良いポジションに立てるから)。要は、従来の感覚的な補正が不要になること。
c.投資効果を期待して(ブーツよりもチューニング代が高いから)、ハングリー精神が
発揚されアグレッシブな姿勢になること(都会民族の悲しい習性)。
d.北の人達は、体で合わせてしまい。シダス不要の調整をしてしまうから参るよなぁー(無駄な流行を追わない)。
大支部長殿、分かったぁー??・・。 初回は終わります、オソマツ。

北海道だいすき人間の歌] 2001/12/12 14:59

酒は・・・で飲めばよいぃぃー・・・、つと。今おそい昼食をとった後です。そのメニューが格好エエからねぇぇー!!。これは病みつきになるよ、元来歯が良いワチキには、歯応えがある海の生ものが良く似合う。いま召し上がった北の食材を紹介しよう。

a.まんず、オホーツクはサロマ湖の蛎。三陸産の蛎と並ぶが、こいつは新鮮でGooな代物。
b.お次は、同じくオホーツクは雄武産のホタテ。こいつの「ひも」の感触がまたまたGooじゃーん。
c.とどめは、道産子の(煮豆)金時豆。こいつは、お酒ちびりで、舐めると甘くて美味しいゾー。

朝から体育館に出向いて、地元の猛者連とテニポンの一本勝負。僕ちゃんの腕も随分戻って来た。エエ格好して頑張ってきたヨぉー!!。お腹をすかして帰って来たから、このオホーック産のお友達が美味しいこと!!この上なしのGooだよ。

少し内輪話をすると、落ち着いて食べるなら蛎。車で走り回って食べるなら、ワイルドな歯応えがあるホタテの「ひも」だよなぁー。それに増毛の酒が加わると、北の夜は深けるわなぁぁー!!!。
もう15:30分、高緯度地方の12月は夕暮れが早い。この時間から暗くなり始めるから、寂しさもちぃーとはアル。

添付は、名寄土管工業の煙突に立つ、名物のサンタ君。彼は、一日1mずつ登りつめ、12/24の夜更けにてっぺんに到達するそうな。僕ちゃんの靴下には「お神酒」を入れてちょーだいな、とお願いしてきたよぉー。

わっちは姫になるぞぉー] 2001/12/13 18:34

北の環境に、気持ちは鈍感なのだが、身体のヤツは敏感に反応しやがる。それも端々が微妙に攻めまくられてしまい、お手上げなんだよなぁー。

a.指先が荒れてしまい、あかぎれ続きになり、炊事が辛くなっている。この防御にと、100-ショップでゴム手袋を買ってきた。こいつはフィット感は阻害されるが、水と縁が切れて具合がエエぞ。
b.ちんまい壁掛けフラワー・ポットを買ってきて、(万年)チューリップを生けてみた。無表情な壁面が一変して、気持ちが和むねぇー。
c.雪靴で外出すると、玄関の入り口に雪が溜まって困る。安易に、新聞紙を敷いて急場凌ぎにしていたものの、風情がない。布製の玄関マットに取り替えて見た。途端に、温かみが感じられるんだよなぁー。

[仮想ゲレンデ・しっこく追跡] 2001/12/14 5:03

★これは図によると、足のX脚、O脚によるエッジングの差を調整するもののようですね。私はXでもOでもなく正常だと思うのですが、・・・
磯谷さーん。ここは面白いから、以下は漫才チックに続けまーす。

a.まんず、言葉尻を捕らえると、XでもOでもなければ▲やんかぁー。そやったら、あんさんは、どっちもアル言うこっちゃでぇー。そのとおり、本人が自覚 してないだけで、神が作りたもうた人体、マクロで見ると必ずアンバランスです。あのマラソン美人のQちゃんだって、左右の脚長に2mmの長短があり、これ がスランプや故障の原因になっていると指摘されているんだから。
b.磯谷さんだって、他人に計測してもらったら、必ず長短やカーブ形状の症状は確認
されるはずですよ。もう60年も人間をやってると、必ずボデイの歪は出ていますし、元々最初から、神は、正確無比な芸術作品などお造りにはなってはおりませんぞっ。
c.例えば、テニスの選手を見ると、必ず利き腕が短いはずです。これは野球のビッチャーでも同様です。これらは、生まれた後で、人が意識して発生させた歪なんですよ。
d.人には、利き腕や利き足があります。このあるが故の苦労が、スポーツで技術向上の障害要因になっています。何となれば、技術向上の過程で、左右の脚圧 を揃えるバランスを要求されるからです。これを強引に押し通すと、ある時期は伸びますが、必ず故障が発生したりスランプに陥ります。
e.この部分に、指導者の経験や感性が要求されます。それに、用具面での”補完”措置
が加わってきます。
やっと本論の玄関に辿り着きましたが、実は、この部分がシダスの有機的な局面なんですよ。
f.更に加えるならば、ハード(的な補完と)に相まって、指導局面のウエイトも出てきます。真のニュートラルを十分意識させておいてから、更に、利き足と 弱い側とのアンバラを圧の強弱や時間(の長短)で調整しカバーする訳ですよ。この過程がスポーツの学習過程でして、人間様は、意外にムダな時間が流れるん だよネー。
g.と言うことでして、スポーツなんぞは打算ではヤレマヘン。合理的にヤルんなら、初めからロボットを作り、オリンピック制覇した方がエエでぇー。まあ、人に喜怒哀楽ちゅー感情がある間はアカンわなぁー。    オソマツ。

PS.前夜は小雪で、今朝は-7.0℃。今日は、10時から自衛隊に行って、バイアスロン競技を見てくる。遠くアフガンに行かんでも、本もんの射撃が見られるからネー。

えらい降りですワ-2] 2001/12/15 4:17(2001/12/14 16:18)

典型的な冬型になり、等圧線が縦じまに寄せている。文字通りの雪降りで、一歩も出られない始末。幸い、ここは内陸にあって、吹雪で叩きつけられるような降り方ではないから救われる。
一端外出を試みたが、直ぐに退却してしまい、今日も、一日部屋の整備に追われてみた。その成果が出てきて、随分と落ち着いた雰囲気になったぞぉー。

a.東側の窓へ、備付けのブラインドを外してしまい、持参した「カーテン」に取り替
えてみた。これでムードが一変し、部屋が落ち着いた感じに収まった。
b.壁面に、写真の「額縁」を二枚セットした。その中央にフラワー・ポツトが飾られたバランスだ。これで室内の視線にグーンと潤いが出たぞぉー。
c.最後はダサイんだが生活必需品。物干し竿代わりの(室内)乾燥用ロープを二本並列
に取り付けてアフター洗濯スペースを作った。

この後は、玄関入り口(半畳)にコート掛け(ハンガー)を作ること。と荷物を片付けて、これも持参した床カーペットを敷き込めば、更に Excelentな雰囲気になるぞぉーつ。まあ雪との根比べで、ぼちぼちヤッカ。

この他にもヤルことがある。いささか古手のPC一号機を持ち込んでいる。こいつを暇に明かせてリフレッシュしてやろうとの魂胆です。そのために、少々部品を持ち込んでいる。ここではWin-XP & ADSLとは行きませんが、使いよいME心中機に仕上げる予定です。

最後にニュースの受け売りですが、名寄の「木原天文台」。ここに予算がついて、佐野さんのファイトと相まって、PC連動の観測態勢が完成しています。ウ リは、HPによる、天体ライブ中継でして、12/15-16日の20:00から10秒ごとに静止画像伝送を行います。対象は、最接近する小惑星 1998WT24です。
http://www.nayoro.com 他を参照。

そうそう、今朝、外はまだ真っ暗ですが大雪模様です。いつもだったら3時には配送される新聞も未着で、わずかにグレーダーだけが(静かに)走り回っています。ドアーのノブが冷えついて、ピリピリ皮膚にひっ付き危険な冷え込みです。
毎朝、ウルサイ音のグレーダー車だが、大雪の日は、不思議に音が静かなんだよなぁー(周囲に音が吸い込まれている)。今日はシーズンのトップ、名寄ジャンプの日です。

ホワイト・アウト] 2001/12/15 12:42

日本海側と道北の雪が酷い。少し小止みになった間隙を縫って外に出て見た。まだまだ降り続く構えがありあり。表通りは、ご覧のとおりでやっと見えてる状態、一歩郊外に出ると、視野の中に道は消されてしまって「ホワイト・アウト」状態になっている筈。
わがマンションだって、みんな玄関は雪の洗礼で塞がっている。誰一人、外に出ようとはしていない。吹雪の日は、みーんなが、ヒグマさんだよねぇー。でも小学生は偉いよなぁー、さっき、可愛い女の子が、学校帰り姿ですれ違ったよ。

[吉田杯ジャンプ 2001/12/16 16:14

予期せぬ悪天候に祟られた名寄ジャンプだが、今日は、その悪天をついて吉田杯と
の兼用で強行された。この大雪で、出掛ける準備に色々あったが、大会に参加して食
べまくりギャラリーをやって来たヨー。まずは写真をご覧あれ。NHKのTV放送より早
いかなぉー。

この続きは次回のお楽しみ。

名寄川通信
2001/12/17

目次へ戻る