HDDが一部認識されていて残りが使えないときのトラブル解決策 de JH3OTS 

PCを自作する上で、また、HDDを増設する上でfdiskは避けて通れません。そのとき、基本領域は確保できるのだが、拡張領域がうまく設定でき ないということをときどきお聞きします。大容量HDDがとても安価になってきましたので、それらの大容量HDDを適切な大きさのパーティションに切って、 例えば、30GB + 30GB など、に切って使おうという方の参考になればと思います。

■マイコンピューターから見える場合

fdisk で領域確保がされていれば、マイコンピュータから見えますが、フォーマットされていないためにアクセスできません。フォーマットされていなければ、該当ドライブアイコンを右クリックで通常のフォーマットを選択。

■HDDの残りの領域確保できていない場合

スタートメニューからDOSプロンプトを選択、黒窓起動 (図はweb用に白黒反転)。
c:\> windows と出たら、cd c:\ <enter>
c:\> と出たら fdisk <enter>

大容量確保しますか?と聞かれたら。Y を選ぶ。

fdisk オプションの4番で現在の情報を見ます。
PRI DOS ****MB などと表示されるはず。
残りの****GBの領域確保がされていと思います。

<escape> で前に戻る。

1番を選んで、論理MS-DOSドライブを作成します。
次の画面で、2番の「拡張MS-DOS領域を作成」を選びます。(図上)

<enter>でまた再び前にの画面に戻って、今度は3番の「拡張MS-DOS領域内に論理MS-DOSドライブを作成」を選びます。(図下) ここでは先に作成した拡張領域を何GBに設定するか、いくつに分けるかを決めますが、残り全部ならば100%、10GBずつ分けたいのであれば、10000MBなどと数値を入れて設定していきます。

すべてが終わったら、<escap>で c:\> に戻って、また fdisk に入って、4番の「領域情報を表示」で確認して終わり。

論理領域というのは2個目の実物のHDDがないのに、1個目のなかにあたかも2個目があるように自分で作ってしまうから。

以上はCドライブに対してはなにも触らないので、データのバックアップが必要ないと思います。
なお、DOSプロンプトを終了する方法は、c:\> exit <enter>

■fdiskのポイント

起動ドライブ、C:\ を8GBなどで確保しておくと、残りをバックアップ用ドライブにできる。
Windows、各種ドライバーのCDROMをコピーしておくと、Windowsが起動しないときに使える。
このとき、最外周から C:\ が作成されるので、HDD上の仮想ファイルアクセスが速くなる?
普段、D:\ の.exe ファイルにアクセスしなければ、.exe ファイルに感染するウィルスに汚染されない。

■残りのドライブ、D:\ などの作り方のポイント

基本領域、PRI DOS は一度の一連の操作で作成できます。
ところが、論理ドライブは、先に拡張領域を作成してから、その後に論理ドライブを作成する。つまり二度手間が必要。

以上は通常のfdiskにも応用が効くと思います。通常のfdikはフロッピーのWindowsの起動ディスクからおこないます。PC自作道でのfdisk は 無線でいうと、ラバースタンプ、Windsurfingでいうと、弱風サイドショアでのビーチスタート。73&88(2002.06.05)