関西ハムフェスティバル2007

2007年5月26日、恒例の関西ハムフェスティバルへ
遊びに行ってきました。当日は、NDXAメンバーの
皆さんにお会いしましたので、スナップ写真を掲載
します。前日までの悪天候を心配したものの当日は
好天に恵まれ、露天のジャンク市も多くのマニアで
にぎわっていました。
関西ハムフェスティバル会場で記念撮影。
左から、CTQ、EDG、CSZ、MQY、WSL、NZC、UGA 各局。
ちょうど、館内へ入ろうとした所、懐かしい顔ぶれが。
無線の話に花が咲いていたころ、また違うメンバーの方が
到着。全員で写真撮影となりました。
これから、今日の目当てのジャンク市を探索 するぞ。
一通りジャンク市を探索してから、買いたいものを決め
ました。WSL局は、CWのインターフェースを購入されて
いました。商品は、6K前後。私は昨年、インターフェース
用のコアを多量購入したので今年は控えめにしました。
しかし今年の夏から、値上がりするとか。
海外赴任、出張でお忙しい FGJ平林OMに お会いしました。
左より、DFD、WSL、UGA 各局。待ち合わせ時間に遅れて SRI。
入り口で各局にお会いして、話し込んでしまいました。
IOTAブースで今年も、受付を担当されている、AER 荒川OM。
DXCCフィールドチェックのブースです。いつも超満員で
順番待ちが大変。
しかし今年は以外にも空いていました。
今年から、10年以上前に交信したQSLを持参しても、
フィールドチェック OKとなりました。
I-COMのコーナーです。残念ながら、IC-7700の情報はありませんでした。
YL局が熱心に写真撮影をされていた。
FGJ、CSZ各局。ここは、JA3UB局MGのVU7RGのQSLを
発行している。
交信記録があれば、即日発行してもらえる。しかし、関ハム
から1週間たってMGから、SASEでカードが届きました。
やはり、JAのマネージャーは安心確実です。

コメントを残す