新年明けましておめでとうございます。

皆さん、JA3AER 荒川です。

新年明けましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりまして有難うございました。

本年も、どうぞよろしくお願い致します。

年賀状2016a

筱さんのマニュアルに従って、テストを兼ねての投稿で失礼致します。

DX Report / JE3AGN 2009

2007年
2008年
2009年
2010年

このページは、2007年から毎月のDX Reportを掲載しています。 de JE3AGN

date Time Callsign freq mode
12月1日 23:23U VP5/W5CW 14 CW
12月9日 04:31U E51BWL 14 CW
12月9日 10:03U E51NAA 7 CW
12月9日 21:22U UT7QF 1.8 CW
12月10日 14:48U V31WV 10 CW
12月10日 22:15U K2V 14 CW
12月11日 06:27U E51LEO 14 RTTY
12月11日 08:27U E51PMR 10 CW
12月11日 09:08U E51LEO 10 RTTY
12月11日 21:46U SK3W 1.8 CW
12月11日 22:08U 403A 1.8 CW
12月12日 22:08U RA1AOB 1.8 CW
12月12日 22:13U YL2KO 1.8 CW
12月12日 22:24U 5N3WQK 10 CW
12月13日 12:19U VK3ZL 1.8 CW
12月15日 21:47U VQ9LA 1.8 CW
12月15日 22:11U V31WV 14 CW
12月16日 12:01U T6AG 10 CW
12月16日 22:00U EA5GTQ 7 CW
12月22日 21:42U HA0NAR 1.8 CW
12月22日 21:46U DL5XU 1.8 CW
12月25日 22:02U RU3DX 1.8 CW
12月25日 22:06U UU1AZ 1.8 CW
12月26日 06:37U ST2AR 14 CW
12月26日 11:59U VK6DXI 1.8 CW
12月26日 12:05U W7OE 1.8 CW
12月26日 12:14U VK3IO 1.8 CW
12月26日 13:03U VE7IG 1.8 CW
12月26日 13:38U A65CA 10 CW
12月26日 14:37U ST2AR 10 CW
12月26日 15:32U UW2M 1.8 CW
12月26日 21:59U OM8AW 1.8 CW
12月26日 22:03U OM3BH 1.8 CW
12月26日 22:04U SN7Q 1.8 CW
12月27日 12:21U W5TM 1.8 CW
12月30日 04:11U 5R8HX 14 CW
12月30日 20:52U DL1MGB 1.8 CW
12月30日 21:03U IV3PRK 1.8 CW
12月30日 21:07U DK1NO 1.8 CW
12月30日 21:48U G3PQA 1.8 CW
12月30日 22:14U OZ1AXG 1.8 CW
12月30日 22:17U G3FPQ 1.8 CW
12月30日 22:21U DL3XX 1.8 CW
12月31日 23:22U HH2/HB9AM 10 CW
  12月のローバンドのコンディションはFBで160mでは
日の出を過ぎた22:30頃まででもEU方面が聞こえていた。
常連局の403A、YL2KO,IV3PRKをパイロットにその日の
コンディションをチェックしている。当局 受信アンテナは
6mhのLOOPアンテナとタワードライブ、7mhzRD改を
切り替えて使用しているがN/Rが酷くあまり聞こえない。
送信も200Wオンリーなので、パイルになると呼ばない
うにしている。数局であれば何とかなるのだが。
今年は160mのローパワー(200W以下)でDXCCを達成
したい。昨年の160mWWはすばらしいコンディションで、
どの局を呼ぼうか目移りしたものである。EU方面とWが
同時オープン、昼間でも160mでEUが聞こえていた事を
覚えている。今年の元旦の朝に、HH2/HB9AMOが
10MHZ/CWで10.107で出ていた。2-3日前から信号は
聞いていたのだが、パイルが酷くおまけに相手の信号も
519-539 QSBと条件が悪い。朝のカリブはLPで開け
る事が多いのだが、HH2はSPであった。8エリアー
1エリアと東の方から聞こえ多くのJAが599でQSOして
いた。30分位して次第に西へ移り1エリア、7エリアの
局もあまり呼ばなくなってきた。さほど信号は強くないが、
パイルもおさまり1UPで呼ぶとコールバックがあった
。風が強いのでANTもUPできなかったが何とかQSO。
昨年の年末JARLよりQSLが届いたので一部を掲載。


17m/cw 2009/5


17m/cw 2009/1

Date Time Call Freq Mode Remk
11月7日 22:07U 5N0OCH 10 CW
11月7日 14:05U RU4PU 1.8 CW
11月7日 14:30U SM2LIY 1.8 CW
11月7日 13:35U TX3A 1.8 CW @HA7RY
11月7日 14:22U UA4HBW 1.8 CW
11月7日 21:20U UA4M 1.8 CW
11月7日 00:44U XR0Y 18 CW
11月10日 21:44U TX3A 10 CW
11月18日 05:38U 5W0NM 21 CW @PA3LEO
11月18日 22:14U 8P6JD 14 CW
11月18日 07:21U 9G5TT 14 CW @I2YSB
11月18日 22:32U 9G5TT 14 SSB
11月18日 20:54U EL8RI 10 CW @ZS6RI
11月18日 22:50U FM5AA 14 RTTY
11月18日 21:16U IV3PRK 1.8 CW
11月18日 21:21U OE3GCU 1.8 CW
11月18日 21:39U RX3DBH 1.8 CW
11月18日 02:29U TX3A 14 RTTY
11月18日 04:23U TX3A 18 CW
11月18日 04:59U TX3A 28 CW
11月18日 10:32U TX3A 7 CW
11月19日 05:13U 5W0KH 14 RTTY @DL2FAC
11月19日 06:20U A31A 10 CW @PA3LEO
11月19日 06:36U A31A 18 CW
11月19日 09:26U A31A 7 CW
11月19日 05:18U E51TLA 14 RTTY @OZ6TL
11月19日 06:10U TL0A 14 SSB
11月21日 22:20U CE7/F6BFH 10 CW SA-018
11月21日 21:58U OE3GCU 1.8 CW
11月21日 21:31U OK1DIG 1.8 CW
11月21日 21:36U OM2XW 1.8 CW
11月21日 22:47U PJ2TA 14 CW
11月21日 23:13U V31WV 18 CW
11月22日 23:51U 9G5TT 10 CW @I2YSB
11月22日 23:02U 9L1NH 14 CW
11月22日 00:00U A31A 18 RTTY
11月22日 23:10U PW2IO 18 CW SA-071
11月23日 09:39U A31A 10 RTTY
11月23日 09:11U CN2R 10 CW
11月23日 21:26U OH2BO 1.8 CW
11月23日 09:34U VK9XX 14 CW
11月23日 11:57U VK9XX 14 RTTY
11月23日 11:15U XV2JR 10 RTTY
11月23日 12:29U YS4/W0OR 7 CW
11月25日 21:41U 3V3S 10 CW
11月25日 22:46U 6Y7AM 14 SSB
11月25日 22:32U 9L1NH 10 CW
11月25日 22:39U 9L7NS 7 CW
11月25日 22:21U IG9/IK1QBT 10 CW
11月25日 22:56U YS4/DF7OGO 18 CW
11月26日 22:54U 6Y7AM 21 SSB
11月26日 11:19U 6Y7J 7 SSB
11月26日 11:46U 9L7NS 14 CW
11月26日 03:06U A31A 21 RTTY
11月26日 22:16U CO8LY 18 CW
11月26日 22:14U KP2/K3CT 10 CW
11月26日 00:00U KP2/K3TEJ 14 CW @K3TEJ
11月26日 11:14U KP2/K3TEJ 7 CW
11月26日 22:24U VP5/W5CW 14 CW @W5CW
11月26日 22:20U YN2GY 18 CW
11月26日 13:33U YS4/W0OR 10 CW
11月26日 22:24U YS4/W0OR 14 CW
11月26日 22:57U ZP6/NT6X 21 CW
11月26日 23:01U ZP6/NT6X 14 CW
11月27日 00:46U 6Y1V 14 SSB @OH3RB
11月27日 09:33U CE0Y/SM6CUK 7 CW
11月27日 13:36U HC8GR 7 CW
11月27日 07:46U JW1CCA 7 CW @LA1CCA
11月27日 12:46U TI5/N0KE 7 CW
11月27日 21:48U UR5MID 1.8 CW
11月27日 00:49U VK9XX 14 SSB
11月27日 14:00U YL2SM 1.8 CW
11月27日 13:27U YN2GY 10 CW
11月28日 11:35U 6L0NJ 1.8 CW WW
11月28日 22:10U 6W1RW 7 CW WW
11月28日 21:36U JT1DA 1.8 CW WW
11月28日 11:37U N0NI 1.8 CW WW
11月28日 11:32U N7UA 1.8 CW WW
11月28日 11:29U N7XM 1.8 CW WW
11月28日 22:35U V47NT 14 CW WW
11月28日 11:22U VE6SV 1.8 CW WW
11月28日 23:47U VQ5V 14 CW WW
11月28日 23:32U YS4U 14 CW WW
11月29日 08:53U CW7T 7 CW WW
11月29日 05:50U FO8RZ 14 CW WW
11月29日 09:09U GM0GAV 7 CW WW
11月29日 01:40U HC8GR 14 CW WW
11月29日 13:21U UU7J 1.8 CW WW
11月29日 01:35U ZP0R 14 CW WW
11月30日 12:10U PJ2/K8KD 7 CW
今年もあわただしく年が過ぎ、残すところ1ヶ月となりました。
インフルエンザの大流行や、デフレの影響で業績不振、
ボーナス減額など暗いニュースが多かったですね。
マイナスイメージを粉砕して円安、株価上昇、電機業界の
業績アップなどの回復を期待したいと思います。CMでは
収益改善に向けた改革プログラムなるもので、固定費の
削減も目処が立ってきました。この1年は転勤などで無線の
出来ない状況にならないかとヒヤヒヤ物でした。来年は
、自己管理して仕事量を減らす努力をし働き過ぎないことを
目標としたいと思います。イコール無線の時間が増えストレス
解消になる?最近、200Wでもインターフェアーが発生、先月は
160mの交信も含めてすべて100W以下運用が殆どでしたので
逆にストレスが溜まった。しかし、パイルが無ければ50Wでも
AFやカリブとQSO出来る事がわかり、その時の充実感は倍増。
QRPの気持ちが少しわかった様な気がしました。WWも
本番ではなくパイルの少ない前日狙いで。160mの100w
運用でもEuの入り口までは飛んでくれる。


08/10/25 17m/cw, 20m/cw qso


20m/cw 06/10


40m/cw 07/21


30m/cw 08/12


30/cw 07/11


30m/cw 15/cw 08/01

Date Time Callsign Freq Mode
9月5日 10:24U R1FJM 10.111 CW
9月5日 11:53U GJ0KYZ 18.105 RTTY
9月5日 20:06U OH3XR 1.817 CW
9月9日 12:26U OJ0B 14.028 CW
9月9日 13:41U VK6GX 1.824 CW
9月10日 11:08U FS/W6IZT 10.111 CW
9月10日 11:29U OJ0B 18.071 CW
9月10日 12:37U VO2/NF6J 14.001 CW
9月17日 12:44U FT5GA 14.014 CW
9月18日 20:27U OH1XX 1.822 CW
9月19日 02:57U FR5ZL 14.011 CW
9月23日 09:13U TO7RJ 18.071 CW
9月23日 11:36U FT5GA 10.105 CW
9月23日 11:54U FT5GA 28.031 CW
9月24日 11:41U FT5GA 21.033 CW
9月24日 14:31U TO7RJ 10.107 CW
9月26日 13:56U FT5GA 10.105 CW
10月1日 20:51U 3D20CR 10.105 CW
10月2日 16:28U TX5SPA 7.021 CW
10月3日 00:22U 3D20CR 18.079 CW
10月3日 00:35U 3D20CR 21.024 CW
10月3日 00:58U 3D20CR 18.141 SSB
10月3日 03:00U 3D20CR 24.951 SSB
10月3日 03:23U 3D20CR 14.191 SSB
10月3日 22:52U 3D20CR 18.104 RTTY
10月3日 23:03U 3D20CR 14.021 CW
10月4日 02:39U 3D20CR 28.493 SSB
10月4日 02:49U 3D20CR 24.893 CW
10月4日 03:02U 3D20CR 21.291 SSB
10月4日 03:18U 3D20CR 28.023 CW
先月はFT5GAに振り回されました。9月15日から
始まったGloriosoだが、20m CW/SSBにレポートが
上がるもかすりもしない。コンディションには勝てず
嫌なムードの幕開けであった。翌日16日は昨晩と違い
20m/CWが非常に強い!17M/10Mでも微かに聞こえ
少し望みが出てきた。17日も夜間20/CWに出現し599+で
入感、日によってばらつきがある。19日からはシルバー
ウェークで予想通り大混雑の割りにFT5GAはどのバンドでも
沈黙したままでした?15M/CWなど30分位でQRT、
フェーズアウトした。よって19日~22日の間は聞こえない
日々が続きイライラした毎日。22日頃から徐々に良くなり
23日の10m/CWは10時頃から信号がぐんぐん上がり、
24日の15m/CWもピークで599++ UCかと思うほどこの日は
良かった。25日頃から30m/CWでもJA向けに本格的に
サービスを始め26日~27日の夜(特に11時以降)はVGでした。
しかし、それ以降15m/17mなどにスポットが上がるも全く
聞こえない状態に戻ってしまった。10月に入ってもQRTして
しまったかのような静けさ。FHから出てきたTO7RJは良く
聞こえているのに!TX5SPQや、3D20CRが始まり、
皆FT5GAを追いかけるのに飽きてしまったか?3週間の
長丁場で最後には楽々QSO出来ると思っていたが大きな
誤算であった。成果は4QSO/CW 、RTTYは遠かった!
一方9月下旬に始まった3D20CR/Conwayは、自分の
ログを良く見ると20m/CWしかCFM出来ていない事に
気がつき!慌ててQSO、3日間かけベアフットで12QSO。
これは当たり前。FT5もこれ位のペースで交信できるかと
思っていたが。ローバンドは初めからあきらめていたので!
40mを夜中に一度聞いただけです。FT5GAの唯一良かった
点はログが即アップされた事。反面トップDXerの威力を
見せ付けられました!今月は他に、8月にQSOした
20m/CWのFJ/VE3EYがcfm!DXCCはOKなのだあろうか?
先々月の方がコンディションは安定していたと思う。


2009年8月  20M/CW

Date Time Callsign Freq Mode
8月4日 14:15U 3DA0MH 14.195 SSB
8月4日 21:23U OY/OZ1AA 10.122 CW
8月7日 13:29U FJ/VE3EY 14.022 CW
8月7日 13:59U OJ0J 18.072 CW
8月7日 14:34U 3DA0EL 10.107 CW
8月7日 14:55U 7P8MM 10.102 CW
8月7日 15:08U 9J2FM 10.114 CW
8月7日 15:41U 7P8OK 10.102 CW
8月8日 09:05U ZS2DL 18.068 CW
8月8日 09:35U 3DA0EL 18.081 CW
8月21日 22:26U C21TI 14.195 SSB
8月22日 00:01U C21TI 18.145 SSB
8月22日 04:44U C21TI 21.025 CW
8月22日 05:20U C21TI 24.945 SSB
8月22日 08:35U C21TI 7.068 SSB
8月28日 19:42U YL2SM 1.824 CW
8月30日 07:58U H44MY 10.109 CW
8月30日 09:48U H44MY 7.011 CW
160Mの季節が近づき、半年間ほったらかしていた
受信アンテナを調整しました。今回は①マッチング
BOXの取替え ②エレメントに自在ブッシュ取り付け
③垂直マストの補強などです。①ポリ容器は1年で
駄目になり、ホームセンターでミライ社の防水BOXを
購入し取替えました。またループアンテナのリンク
側には最近手に入れた2連バリコンを使用、エレメント
側には330PF×2のポリバリコンを新しく取り替えました。
(写真添付)トロイダルコアは、以前の物を使用
(約13μh) ②エレメントは園芸用アルミ線2mmに
自在ブッシュで 6cm間隔になるように固定しました。
③塩ビ垂直マストは軽量化を図る為にグラス竿で補強。
手動ですが 90度回転出来るようにしました。基本的に
受信能力は以前と変わりありません。使用感は、
UA4CR YL2SMが出ていたので送信アンテナと
聞き比べると、相手が強いのでどちらでも良く聞こえ
ましたがS/Nが断然違います。ANTを回転させると
僅かですが信号が浮き上がってくる点がありました。
160mは、まともに勝負できない為 もっぱらSWLを
楽しんでいる様なものですが UゾーンでもQSO
できれば嬉しく思います。このアンテナは手軽に
製作ができ、S/Nが良いのでローバンドを長時間
ワッチする方には疲れにくいので是非お勧めです。


30m/CW

Date Time Callsign Freq Mode
7月4日 08:57U 5R8KD 14.024 CW
7月4日 09:26U VQ9LA 14.035 CW
7月5日 10:28U 5R8KD 18.071 CW
7月5日 11:28U 5R8KD 18.102 RTTY
7月5日 11:56U VR2009EA 18.106 RTTY
7月8日 09:57U 5R8KD 21.012 CW
7月8日 10:49U 8Q7DI 14.011 CW
7月11日 22:28U CN3A 14.212 SSB
7月14日 13:37U 5R8KD 10.141 RTTY
7月14日 21:33U 9K2/SP4R 10.102 CW
7月25日 21:42U TK9X 10.126 CW
7月25日 22:08U VK9NI 10.105 CW
7月26日 01:16U VK9NI 21.025 CW
7月26日 01:26U VK9NI 18.105 RTTY
7月29日 09:06U 7P8OK 18.071 CW
7月29日 10:57U 7P8YI 18.071 CW
7月29日 11:12U Z29KM 18.105 RTTY
7月29日 13:48U 7P8AO 14.018 CW
7月29日 14:28U TK9X 18.077 CW
8月1日 12:09U 7P8MM 18.075 CW
8月1日 12:14U 7P8AO 14.024 CW
8月1日 12:54U 3AD0MM 14.201 SSB
8月1日 13:16U 7P8CF 14.204 SSB
8月2日 08:51U 7P8OK 18.105 RTTY
8月2日 09:00U 7P8OA 14.011 CW
8月2日 09:11U 3DA0VA 18.114 RTTY
8月2日 12:31U 3B8GT 14.002 CW
8月2日 12:46U 7P8YI 14.012 CW
8月2日 14:23U 7P8YI 10.111 CW
DXの方は 5R8KD、VK9NI、TK9X、7P8’s、3DA0’sが
連日オープン。東アフリカのコンディションは抜群で
9月に延期になったFR/G Gloliosoも無事に運用される
事を願うばかりです。夜間にはW方面が聞こえる日も
増え始め、8月4日には、21:40頃 FJ/VE3EY 20m/c
の信号も539で良く聞こえていた。これはチャンス到来!
早くパイルが治まるのを待つばかりです。今月のQSL
回収はすでにCFMされた方が多い、K5D、S04R、TS7C
などが、やっと戻って来ました。160mなどはBuro経由で
待っていても焦げ付くばかりなのでSASEに頼るしか
ありません。夏休みは全く出かける予定が無いので
QSLの整理をし、IOTAもカウントしてみようかと思案中
です。関ハムでは、IOTAブースに立ち寄りました。
ブースではJA3AER、JA9IFF、JI3DST各局からアワード
についての説明を聞き、私もやってみようかと少し興味が
湧いてきたところです。


2009年4月 40/c、30/c cfm


2000年 701YGF ぺディション。今年8月に、DXCC OK!!
Date Time Call Freq Mode
6月6日 20:19U SU1SK 10.107 CW
6月6日 21:14U H44MY 10.118 CW
6月9日 21:05U EA5/UT2XD 14.016 CW
6月10日 08:06U 7P8R 14.014 CW
6月10日 08:10U A47RS 14.204 SSB
6月10日 11:05U GM0VRP 18.104 RTTY
6月14日 11:42U KL7RRC/P 14.26 SSB
6月14日 12:43U 5Z4/RW1AU 14.006 CW
6月15日 14:53U KL7RRC/P 7.009 CW
6月17日 10:01U KL7RRC/P 10.114 CW
6月17日 13:45U A61AS 14.195 SSB
6月17日 14:24U S92LX 14.013 CW
6月17日 14:29U MM0XAU 14.001 CW
6月20日 13:53U 9K2/SP4R 18.073 CW
6月20日 22:04U EI2CN 14.039 CW
6月20日 22:10U S92LX 10.104 CW
6月21日 12:19U J28JA 21.025 CW
6月21日 12:22U V51YJ 18.081 CW
6月21日 12:34U 9J2BO 18.078 CW
6月21日 13:04U ET3JA 18.077 CW
6月24日 12:01U 9J2FM 18.074 CW
6月24日 12:09U 9Q/DK3MO 18.072 CW
6月27日 11:18U 4S7EA 14.025 CW
6月27日 21:36U 6W1SE 14.022 CW
6月28日 11:29U Z29KM 18.072 CW
 7月9日から予定されていたFR/Gは延期が決定、楽しみは
先送りとなった。DXニュースによると、フランス人が新たに
2名加わり、7人が24時間体制で3バンド同時運用の予定。
連日のようにアフリカ東部の局が良く聞こえているので9月
前半からのQRVは大いに期待できる。先月599DXミーティング
(1泊BBQ)に初参加させていただきました(NDXA HPに掲載
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/je3agn/index.htm) 翌日には
EDG局のシャック訪問。シャック設備と圧巻の4ele ステップ
IRを拝見したくお邪魔いたしました。噂には聞いていましたが
昼間なのにノイズが限りなくゼロに近い。IC-7700、7800の
受信性能もすばらしいのですが、ステップIRで瞬時にエレメント
長を調節する為チューニング完了時にはノイズがなくなっている。
また自宅シャックは切り立った崖の上にあり抜群のロケーション
であった。この季節蛍も時々飛んでくるらしい。ここならK5Dも良く
聞こえるはずである。当局の西大寺周辺とは比較にならない。
しかし最近次のようなニュースがありました。無線の話では
ありませんが先日私の家の隣の空き地から古代の陶器の
破片が出土したことが新聞の一面を飾った。奈良時代末期
8世紀後半の西アジアで生産されたとものと見られるイスラム
陶器の破片で国内最古の出土品らしいから驚いた。古代の
海上交易路がシルクロードを経て奈良まで続いていたことを
示すものらしい。国内最古のイスラム陶器が隣土地から出て
きたので、もう一本タワーの穴掘りをしたら出土するかもしれ
ないと家族で話していたところでした。しかし西大寺周辺も例の
風致地区域に指定され、おまけに今回の出土でこれからは
掘削の規制まで厳しく制限される可能性もあります。周辺は
約2年前から宅地化が進み田んぼも埋め立てられたので、
まだ多くの出土品が眠っているかもしれません。奈良時代の
国際的な文化交流を知る上で一級の資料となるようで、
古代のロマンを感じさせられました。


やっと届いた K5D!20/cw、ssb、 30/cw、17/cw、40/cw

Date Callsign Time Freq Mode
5月2日 EI6IZ 20:54U 10.102 CW
5月3日 EA8TT 21:02U 10.121 CW
5月4日 E72U 20:17U 10.117 CW
5月9日 JD1BMH 20:34U 10.142 RTTY
5月12日 5N0OCH/5N 20:57U 10.115 CW
5月13日 JW5LJA 13:53U 14.031 CW
5月15日 TA2/OK1FIA 21:15U 10.114 CW
5月16日 GM0VRP 11:52U 18.084 CW
5月16日 MJ/DJ7ZG 12:17U 18.157 SSB
5月20日 M0OXO 11:44U 18.107 RTTY
5月20日 YS1G 11:55U 10.107 CW
5月20日 GI4NKB 12:45U 18.073 CW
5月20日 YS1G 13:25U 14.011 CW
5月20日 JW5NM 13:30U 14.195 SSB
5月20日 TR8CA 13:48U 18.102 RTTY
5月20日 TI8II 13:56U 14.086 RTTY
5月21日 M0OXO 11:46U 14.086 RTTY
5月21日 ZK2V 20:30U 14.011 CW
5月22日 YS1G 11:42U 7.012 CW
5月22日 EI5DR 12:04U 18.077 CW
5月22日 4U1ITU 13:10U 18.069 CW
5月22日 OH0/SM3TLG 19:53U 10.109 CW
5月22日 C4SV 20:05U 10.116 CW
5月22日 ZK2V 22:17U 18.076 CW
5月23日 ZK2V 09:17U 7.021 CW
5月23日 ZF2XP 10:44U 7.019 CW
5月26日 SX9JZ 20:08U 10.103 CW
5月26日 5N0OCH 20:23U 10.121 CW
5月26日 SV5/DL3DRN 21:09U 10.147 RTTY
5月26日 EA8TT 21:19U 14.036 CW
5月26日 VP2ETN 22:05U 14.006 CW
5月30日 5H1MS 11:56U 18.086 CW
5月30日 9J2YO 12:43U 18.082 CW
6月3日 5Z4/RW1AU 20:43U 7.014 CW
6月3日 CN8SG 21:12U 14.182 SSB
平城遷都1300年にあたる2010年を目指して平城宮跡に
第一次大極殿が実物大で復元されています。第一次大極殿は
平城宮の正門である朱雀門の真北に位置し、平城宮大極殿は
第一次と第二次とで大きく構造が異なり、第一次では
唐長安城大明宮含元殿の影響を受け、大極殿院が広い
前庭を持ち、また大極殿は前庭から1段高い位置に
建設されており、平安宮の龍尾壇(竜尾壇 りゅうびだん)の
原型といえる。その第一次大極殿の復元工事もほぼ完成
現在では周囲を覆っていた壁の西側が撤去されその全貌を
見る事が出来ます。先月の週末にハイキングを兼ね家族で
見学に行って参りました(自宅より徒歩15分)。
天気の良い日には是非一度拝観に来られては如何ですか。
何か無線とは関係の無い話題になりましたが大極殿が
あまりにも鮮やかで美しかったので投稿いたしました。
今月はDXのネタに乏しいので! JARL奈良支部としても
来年は、この平城遷都1300年記念行事に参加し又イベントが
成功するように我々としても支援して行きたいと思います。


5T5DC 40M/CW


6V7D 30M/CW

Date Time Call Freq Mode
4月5日 08:10U VK9GMW 14.018 CW
4月7日 11:41U 3B9/SP2JMB 18.106 CW
4月7日 11:41U JA1XGI/VK9X 10.104 CW
4月8日 13:27U JA1XGI/VK9X 10.142 RTTY
4月8日 20:33U VK9GMW 7.008 CW
4月11日 22:09U 5N0OCH 14.007 CW
4月16日 20:47U 5X1NH 7.003 CW
4月16日 21:10U S04R 7.006 CW
4月17日 20:22U S04R 10.104 CW
4月17日 22:36U 5X1NH 7.003 CW
4月18日 09:41U TI7KK 7.004 CW
4月25日 11:36U MD0CCE 18.076 CW
4月25日 12:22U A71BX 18.092 CW
4月25日 15:13U A52DT 10.102 CW
4月26日 09:06U 6W1SJ 18.076 CW
4月26日 11:38U ZS2EZ 18.104 RTTY
4月26日 11:48U ZF2ZB 7.004 CW
4月29日 07:47U T30M 14.021 CW
4月29日 09:09U T30M 14.18 SSB
4月30日 13:22U A71CT 18.125 SSB
5月1日 11:47U ZF2ZB 7.004 CW
5月1日 12:01U 8Q7SV 18.101 RTTY
5月1日 20:54U 3A2MD 7.018 CW
4月のDXは相変わらずコンディションが悪い。それでも、
S04Rの信号は時折強かったです。4月15日頃RTTYに
出現のニュース、朝5時台には40m/cwで599で聞こえていた。
コンディションも安定せずすぐに弱くなる。翌日4時に
早起きS04Rを狙っていたが30mでレポートがあがるが
聞こえない。あきらめていると6時前後に7006付近で
QRZ JAで開始。この日は30分くらいは579-599で
強力でした。次は30m狙いでまたもや翌日4時起き。
5時前後から聞こえだし5時30分頃ピーク。コンディションの
悪い状態ですが、5時台の30mは良く聞こえている。
ゴールデンウィークの期間も早朝の30m、40mは
Vy-Fbでした。近日中には大型ペディションも予定
されていないが、今後のニュースの一部を抜粋して
みました。●5月17日~28日 5J0M San Andres
DXpeditionが開催される IOTA Na-033。HFの運用は
Wire & VerticalにKWリニアを使用 ALL BAND
QRV予定なので JAからもかなり期待できる。
QSLはW1JJ宛 PILOT STATION Pat W5OZI
●6月10日~18日 FP/K9OT、FP/KB9LIB
IOTA NA-132から運用する。今回のオペレートには
主に、垂直のワイヤーANTと100Wで160m~6mまで
QRVする予定で、40m、30m、20m、17mのCWとRTTY
だけ運用する。この時期JAからは少し厳しいかも知れない。
QSLはhome callsへ。●CY0ニュース速報! CY0チームは
チームが10月24-25日からのCQWWの電話コンテストの
週末の間に合わせてCY0から運用する計画である。
チームはコンテストのマルチを提供するためにCY0の
場所を選択した。それとは別に DX’ersコンテスト以外の
CWそしてWARCバンドで運用も計画中である。
●TY Benin DXpedition  10月10日~27日
5人のオランダチームによる運用が予定されている。
CQ WWに参加予定 QSL via PA Buro or direct


5J0A 30M/CW

JW0HZ 20M/CW
Date Time Callsign Freq Mode
3月4日 23:08U 4U1UN 14.003 CW
3月5日 08:25U H40FN 14.005 CW
3月5日 09:34U V63WW 1.824 CW
3月6日 15:29U BX2AF 1.824 CW
3月6日 15:39U ZL7T 7.021 CW
3月6日 22:39U ZL7T 18.073 CW
3月6日 23:02U ZL7T 14.081 CW
3月7日 08:56U ZL7T 10.116 CW
3月7日 23:03U H40FN 18.073 CW
3月18日 08:31U VK9AA 14.015 CW
3月20日 20:00U KH2L 1.814 CW
3月21日 11:11U JT1R 1.814 CW
3月21日 11:38U 6Y1LZ 7.003 CW
3月25日 13:18U FK/G3MXJ 7.006 CW
3月25日 21:30U FK/G3TXF 18.076 CW
3月25日 21:34U T2UF 14.021 CW
3月25日 21:39U FK/G3MXJ 14.016 CW
3月25日 23:14U VP5/W5CW 14.021 CW
3月26日 01:20U VK9LA 14.091 RTTY
3月26日 05:49U VK9LA 14.023 CW
3月26日 07:56U VK9LA 10.106 CW
3月27日 22:33U C91TX 7.006 CW
3月27日 23:23U VK9LA 18.072 CW
3月28日 00:02U VK9LA 21.023 CW
3月28日 08:50U PY0FF 7.048 SSB
3月28日 11:16U VK9LA 7.023 CW
3月28日 13:47U VK9LA 7.087 SSB
3月28日 22:13U VK9LA 18.165 SSB
3月28日 22:20U YJ0TXF 18.075 CW
3月28日 22:20U C91TX 10.11 CW
3月28日 22:32U YJ0MXJ 14.017 CW
3月28日 23:20U YJ0MXJ 21.016 CW
3月29日 00:44U VK9LA 24.893 CW
3月29日 00:47U YJ0TXF 24.897 CW
3月29日 02:47U YJ0TXF 28.021 CW
4月3日 12:21U VK9GMW 1.823 CW
4月4日 02:27U VK9GMW 18.075 CW
4月4日 02:54U 3B9/SP2JM 14.022 CW
4月4日 07:10U VK9N/G3MXJ 14.017 CW
4月4日 07:15U VK9N/G3TXF 10.106 CW
4月4日 07:29U C91TX 18.091 CW
4月4日 08:07U VK9GMW 10.109 CW
4月4日 13:06U VK9N/G3MXJ 7.013 CW
4月4日 13:20U W7UT 1.824 CW
4月5日 08:10U VK9GMW 14.018 CW
3月に入り、今年も嫌な花粉症の季節がやってきました。
くしゃみ、目の痒みとの戦いで毎日が憂鬱です。
ゴールデンウェークまでこのような状態が続くのでしょうか?
アレルギーの原因が花粉だけなら良いのだが、
最近は中国大陸からの黄砂がどうやら影響している
ようです。黄砂に大気汚染物質と微生物が付着して
、花粉と交じり合い、アレルギー反応をパワーアップ
させているらしいのです。若い頃は、花粉症など
他人事で全く関係なかったのですが、数年前から
突如として襲ってきました。検診を受ければ反応
している花粉の種類を特定できるそうですが、
確実な予防策は無いようです。花粉症の方は
どんな対策をされていますか?


V5/DL7UVO  40M/CW

A25/DJ4LK  40M/CW

5H1Z  40M/CW

PZ5ZY  20M/CW

Date Time Callsign Freq Mode Remarks1
2月4日 12:24U 5H1DF 21.022 CW
2月7日 04:49U FW5RE 18.075 CW @HA8IB
2月7日 04:54U FW5RE 14.090 RTTY
2月7日 05:31U FW5RE 21.010 CW
2月7日 05:49U FW5RE 10.106 CW
2月7日 10:06U 9M6XRO 1.824 CW
2月7日 10:37U HK0/EA7HE 7.012 CW
2月7日 23:40U 6Y5JH 14.020 CW
2月9日 14:25U FW5RE 1.817 CW
2月11日 02:22U FW5RE 14.226 SSB
2月13日 23:45U K5D 14.023 CW 20m new
2月14日 09:29U FW5RE 7.005 CW
2月14日 23:16U V63MY 18.085 CW IOTA-OC259
2月14日 23:45U FW5RE 18.143 SSB
2月16日 11:50U K5D 10.102 CW 30m new
2月20日 13:22U YN2WW 10.114 CW
2月20日 23:11U YS4M 18.069 CW
2月20日 23:55U K5D 18.074 CW 17m new
2月21日 11:45U N6TR 1.814 CW OR
2月21日 11:55U N6RO 1.813 CW CA
2月21日 12:35U N7TT 1.819 CW WA
2月21日 12:40U N2IC 1.823 CW NM
2月21日 12:53U K5WA 1.818 CW TX
2月21日 12:54U K5RX 1.811 CW TX
2月21日 13:57U W2VJN 1.823 CW OR
2月22日 21:58U OM3EY 1.821 CW
2月25日 22:45U K5D 14.190 SSB SSB new
2月25日 22:57U CO8LY 18.075 CW
2月26日 09:10U K5D 7.023 CW 40m new
2月28日 22:43U DX1J 7.023 RTTY
2月28日 22:54U FM5LD 14.004 CW
さて、K5Dが終わり少し気合が抜けた感じです。
ペディションの期間中はPCと無線機にかじりついて
いました。約1週間の東京での研修が大阪開催に
急遽変更、毎日帰宅できる事となりラッキーでした。
しかし平日は休めず帰宅後はすでにフェードアウト。
QRVできる時間が少なく相手もあまり聞こえないので
余計に疲れました。30M/CW、17M/CWは、微弱な
信号と混信、JAの妨害等で相手からのcallBackに
自身がなくログサーチで初めてチェックできたと言う
お粗末な結果でした。40M/は最終日の夕方で信号
もだんだん弱くなり半ばあきらめていた時でした。
これも翌日のログサーチで初めて確認した有様で
決して楽なQSOではなかった。20M/Sも、エリア
指定に助けられ最後の方で引っかかった状況です。
とにかく聞こえない飛ばないで苦しめられましたが
各局のブログの内容をを拝見しても耳の良い局が
多いですね。K5Dの情報はwebでタイムリーに
報告されいましたがYOU Tubeでも早くから動画が
配信されていました。その中でも、Cwskimmerで
K5Dのパイルを動画化したものがあります。
CwskimmerはVE3NEAがリリースした新しい
プログラムで、バンド内のCWを同時に解読して
表示してしまうという代物です。Cwskimmerを
使用すればバンド全体のCW局を同時にモニター
できます。このソフトはシェアーウエアーで$75と
少々高めですが、JAの局も多く利用していいるそうです。
K5Dの物凄いパイルを瞬時に解読している様子が
見られますので、興味のある方は必見です。
http://www.youtube.com/watch?v=XMPrvv
ULN7I&feature=related 他に、Desecheo
Dxpedition 2009 Widescreen Photo storyも
配信されていました。http://www.youtube.com/
watch?v=foBy2Bk_ZYA&feature=related これを
見ればJAからは微弱ながら、WやEUからは安定した
信号でQSOできていた様子がわかります。

K5Dも終わり新たなペディション待ちです。
これから春のDXシーズン到来ですが今年は全般に
良くなるやら?

Date Time Call Freq Mode Remarks1
1月2日 22:22U OK1AEZ 1.822 CW
1月2日 22:28U DL5ANT 1.819 CW
1月3日 14:13U RW4PL 1.821 CW
1月3日 22:53U ZD8UW 10.108 CW @G7VJR
1月3日 23:08U HI3AB 14.014 CW @HI3AB
1月4日 05:53U E44M 18.073 CW @SP3DOI
1月4日 11:34U AA0RS 1.824 CW
1月5日 13:08U E44M 10.118 CW @SP3DOI
1月8日 13:16U UA0SC 1.823 CW
1月9日 19:03U UR7GO 1.815 CW
1月9日 20:54U RU4LM 1.824 CW
1月9日 21:22U VR2PX 1.816 CW
1月10日 13:40U RU4HP 1.824 CW
1月11日 22:56U TS7C 10.142 RTTY
1月16日 20:31U SM5EDX 1.822 CW
1月16日 22:34U P40CG 14.028 CW
1月17日 07:50U TS7C 10.142 CW
1月17日 11:21U T88HK 1.818 CW
1月17日 12:21U N6TR/7 1.821 CW
1月17日 12:42U K9DX 1.823 CW
1月17日 12:56U W8TE 1.822 CW
1月18日 12:59U KL7J 1.813 CW
1月20日 22:01U LZ2WO 1.819 CW
1月20日 22:05U I4IKW 1.821 CW
1月20日 22:08U YO9HP 1.823 CW
1月21日 12:13U VE7SV 1.822 CW
1月21日 12:52U BU2AQ 1.822 CW
1月21日 13:30U K5RC 1.821 CW
1月21日 15:25U OG2P 1.811 CW
1月21日 15:30U UN8LYA 1.821 CW
1月23日 22:12U UW4PL 1.819 CW
1月24日 11:32U K7RAT 1.823 CW
1月24日 11:39U K9DX 1.823 CW
1月24日 12:12U UA9MA 1.822 CW
1月24日 12:24U N7DD 1.817 CW
1月24日 13:18U AD7AF 1.824 CW
1月24日 13:33U W0SD 1.824 CW
1月24日 13:44U K5RX 1.812 CW
1月24日 13:50U W2VJN 1.821 CW
1月24日 13:50U W7EW 1.815 CW
1月24日 13:54U AC6DD 1.815 CW
1月24日 14:07U N6RO 1.817 CW
1月24日 14:11U NK7U 1.817 CW
1月24日 14:15U W9NGA 1.815 CW
1月24日 14:21U KB7Q 1.813 CW
1月24日 14:30U K0UK 1.823 CW
1月24日 14:35U VE7SV 1.819 CW
1月24日 14:37U AC7V 1.817 CW
1月24日 15:26U AJ6T 1.822 CW
1月24日 15:29U N7XM 1.822 CW
1月28日 00:57U FW5RE 14.004 CW @HA8IB
1月30日 13:44U RN1ON 1.823 CW
1月31日 12:09U JD1BMM 1.823 CW
1月31日 12:46U HS0ZEE 1.816 CW
1月31日 13:37U YS3CW 7.012 CW
1月31日 14:14U UA9CLB 1.821 CW
1月31日 20:41U RZ9IR 1.819 CW

1月25日(日) いかるがホール2F研修室で、
CW実技講習会を開催いたしましたので報告
いたします。講師及び当日に参加していただいた
方は、JA3GM、JA3CSZ、JA3EOE、JA3UCO、
JJ3PRT、JH2HTN、JH3OTS、JH3DFD、JE3USO、
JM3UGA、JE3AGN、JA3EP 12名でした。今年の
参加者は定員20名満杯の申し込みがありCW復活の
兆しあり。昨年の反省点を踏まえ、UGA局に設計
準備していただいた発信機が講習会では大活躍
でした。講習会当日までに、製作が間に合わない
トラブルも有ましたが皆様のご協力で無事に講習会が
開催できた事を感謝いたします。アンケート調査の
内容からも、講師の方々の親切な対応と、CWデビュー
の良いきっかけとなったとの意見が多かったようです。

さて無線の方は、今月は上のバンドが悪いので、
160mをワッチする時間が増えました。タワードライブ
+ ローパワーでどれだけの局とQSOが出来るか挑戦。
1月の160m WWは1日だけ参加しました。日付が
変わる頃を境にW方面が良く開け西海岸の数局とQSO、
しかし翌朝は起きられずEU方面はコンタクト出来ません
でした。普段はノイズしか聞こえないこのバンドですが、
WWの期間はまるで7mhzと間違える程の混雑で、
時としてローパワーでも珍局(他局は雑魚)と出来る
魅力が有ります。2月に入り20-30mバンドがFBになって
きたので、そろそろ160mのシーズンも終盤でしょうか。




2008年2月 17M、15M/CW

SEANETコンベンション/JA3AER 

今世紀最初のSEANETコンベンション

第29回SEANETコンベンションに参加して

JA3AER 荒川泰蔵

2001年11月9日から11日まで、東マレーシアはサバ州コタキナバル市で今世紀最初のSEANETコンベンションが開かれ、それに参加する機会を得ましたので報告させて頂きます。

会場はThe Pacific Sutera Hotel で、海岸に面した素晴らしいロケーションにあるリゾートホテルです。ホストとして主催したSARS(Sabah Amateur Radio Society)の発表では18エンティティから108名(内JAからは17名)の参加です。

11月9日

私はJA3AA島さん、JA3UB, JR3MVF三好さんご夫妻、JA3ART海老原さん、JH3GAH後藤さん、JA4HCK馬場さん達とグループとして、関西空港からKL経由でコタキナ バル空港へ到着したのですが、9M6LK, Lawrence他3名が空港まで出迎えに来てくれており(写真1)、あなた方が最後だと会場であるThe Pacific Sutera Hotelまで車で送ってくれました(写真2)。早速SEANET2001の受付で3日間の会費US$85を払ってチェックインしました。

(写真1) (写真2)
例によって特別記念局9M6SEAがホテルの1室に設置されており、コンベンションへの参加者は自由に運用できるようになっていました。FT- 900, FT-747GX, TS-430S, IC-207と日本製のトランシバーが並べられ、メインはFT-900と屋上に設置された3エレ・トライバンダーの組み合わせで(写真3)、14MHzと 21MHzを中心に参加者が交互に運用を楽しんでいました(写真4)。JAの方角は直ぐ海とFBなロケーションだったこともあり、QSOの相手はほとんど がJA局でした。NDXAのメンバーでどなたかQSO頂いた方はおられませんか。

(写真3) (写真4)
午後7時からは歓迎夕食会が盛大に開催され、SEANET2001の組織会長である9M8NS, Tham Nyip Shen の歓迎挨拶があった後(写真5)、原JARL会長のメッセージをJA9AG吉井さんが紹介、JH3GAH後藤さんが代読しました(写真6)。

(写真5) (写真6)
11月10日

朝食後Sutera Harbour を背景にグループ写真を撮影後(写真7)、2台の大型バスに分乗して観光にでかけました。回教寺院、仏教寺院、サバ州政府の建物等を見学の後、博物館では 高床式のロングハウスなど色々な家屋を見学しました。昼食は郊外の海岸に面したリゾート地 Langkah Syabas’ Beach Resortででしたが、ここにはJA1BRK米村さん達FEDXPのDXer 数名が宿泊してDXペディション中でした。昼食後は首狩族の民族村を見学、天井に吊るされた頭蓋骨に驚き、民族舞踊のショーでは見学者もステージに上がっ て踊るなど、外国人には新しい経験でした。そして最後は、フィリピン人が店を並べる手工芸品マーケットでのショッピングと、盛り沢山なツアーでした。

(写真7)
シャワーで汗を流して、午後7時頃より晩餐会が始まりました。民族衣装などの正装から、カジュアルな服装まで入り混じって賑やかです。9M6MA, Hj. Hassanの司会で始まり、9M8NS, Tham Nyip Shen の歓迎挨拶、MARTSの元会長9M2RS, Rashidの挨拶に続き、Official Opening of SEANET2001としての「どら」が打ち鳴らされ、民族舞踊を鑑賞しながらの夕食が始まりました(写真8)。

(写真8) (写真9)
賑やかな談笑の夕食が終わった頃、SEANETコンテストの入賞者の表彰式があり、続いて恒例になった各国毎のパーフォマンスが披露されましたが、JAはJA5BM西川さんとJA5TFF藤原さんが準備してくれたカラオケに合せて「瀬戸の花嫁」を合唱しました(写真9)。

11月11日

予定時刻を遅れて午前9時頃から9M2KN, Kenの司会でテクニカルプレゼンテーションが始まり、筆者はJA1RJU小笠原さんと一緒にD68CコモロDXペディションをスライドで報告させて頂きました。関ハムで報告させて頂いた英語版ですHi(写真10)。

(写真10)
そして、2003年の開催地を討議の結果、西マレーシアのジョホバル市と決め、2002年度の開催予定地パース市(オーストラリア)の紹介があり、 SEANETのペナントがSARS会長9M6ET, StephenからVK6XC, Benに手渡され、SEANET2001は幕となりました(写真11)。そして、賑やかなFarewell Lunchを最後にパースでの再開を約して流れ解散しました(写真12)。尚、SEANET2002はPerthで2002年11月1日から3日間の予定 です。NDXAの記念行事の一つとして皆で参加し、VKからQRVしませんか。

(写真11) (写真12)
その後、関西からの一行は小型機でMuluに出かけ、ボルネオ島のジャングル探検?と簡単なセットアップ、それぞれに割り当てられたコールサインで HFにQRVしました。私の場合は9M8AERという3ケ月間の免許でしたが、これは事前申請により、日本の免許をベースに与えられたものです。

<<写真説明>>
写真1.Kota Kinabalu 空港での出迎え。
写真2.会場になったThe Pacific Sutera Hotel全景。
写真3. ホテルからのビュー。右側の屋上に9M6SEAのアンテナが見える。
写真4.特別記念局9M6SEAを運用するJA3AA島さん(手前)とJA1CIC貫井さん。
写真5.夕食会で歓迎の挨拶をする9M8NS, Tham Nyip Shen 組織会長。
写真6.原JARL会長のメッセージを代読するJH3GAH後藤さん。後ろはJA9AG吉井さん。
写真7.Sutera Harbourでの記念合同写真。
写真8. Gala Dinnerでは民族舞踊での歓迎を受けた。
写真9.JAの参加者全員で、カラオケに合せて「瀬戸の花嫁」を合唱。
写真10.D68CコモロDXペディションの報告をする、左からJA3AER荒川、9M2KN, Ken(司会者)、
        JA1RJU小笠原さん。
写真11. 次期開催地Perthへの引継ぎ。左から9M2ET, Stephen、VK6XC, Ben、9M2KN, Ken、
        YB0AVS, Gary。
写真12.和やかなFarewell Lunch風景。

エレキーのお話

島津清孝 (9V1DJ / JA3KAB)

最近、当地シンガポールで2つ目のエレキーを製作し、昨日ケースに入れました。タバコほどのサイズで、半年ほど前にPK-3という米国製の専用IC を使って作ったものと、外観は殆ど同じです。但し今度はプログラムを自分で作ってPICマイコンに搭載し、またエレバグキー(後述)のモードも持っていま す。

今度のは自分のコールによるCQ送信をプログラム(メモリーではなく)してあり、これもバグキー風の信号で出てきます。まるで自分の子供のようです、hi,hi.

しかし、これまでに作ったエレキーは、かれこれ10個に近く、一体ワシは何をやっているんだろという気にもなります。思い起こしてみれば、古い話です。今までにどんなエレキーを作ったんだったろうか?オールドタイマーの昔話に、少しばかりお付き合いのほど。

1号機

あれは’68年、高校2年の頃でした。月に1000円あったか無かったかの小遣いで部品を買い、CQ誌の製作記事を見ながらトランジスタを2個と、 リレーを使ったエレキーを作りました。パドルなんて高くてとても買えず、金切りのこの刃を2枚貼り合わせてパドルも作りました。

うまく動いたので、しきりに遊びましたが、電信が下手だったので、それで波は出しませんでした。

2号機

実際に電信でQSOするようになってからの事です。1号機の信号は、スペースが極端に短く、ツーツーツーと打ったら、ツールールーと符号が出て、実用には難しいと知りました。(しかし、スピードの速い人には、ちょうど良いスペースであることも知りました。)

’70年ごろ、友達がデジタルICを2個、トランジスタを2個使った、論理的に正確な信号が出せるエレキーの回路をくれたので、初めてICを使っ て、これを製作しました。パドルとケースは、1号機のものを流用しました。まだゲルマニウムトランジスターを併用していました。抜群に行儀の良い信号が出 るので、感動しました。

しかし使っているうちに、しばしば短点が1個少ない信号が出るので、閉口しました。2号機は長い間の冬眠の末、シンガポールまでついて来ました。

2号機蛇足

2号機はDTLのICを2個使ったものだったのですが、消費電流はバカにならず、電池ではなく外部電源で使用していました。外部電源は実験用のもの で、スイッチ切替えで15V以下のレンジと25V以下のレンジに切りかえることが出来ました。電源電圧は5Vですがある時、間違ってトランシーバーへの供 給圧12Vをかけてしまい・・・、あっ と思ったのですが、既に遅し。ところが、12Vでも、ちゃんと動作することを発見しました。(絶対に真似しないで下さい)

ある日、友達に電源装置の説明をし、25Vレンジに切替えて電圧を上へ上げたら、どこかで「キュー」と言う音がしました。しまった!エレキーの電源スイッチを入れていた!(出力がオンになり、モニターの音が出た。電圧を変更の途中だったので、音の周波数がひゅーっと変化したらしい。)

電源電圧を下げてエレキーの動作を確かめたのですが、すでに動かなくなっていました。泣く泣くICを買いに(あの頃は高かった)行き、入れ替えたら動くようになって、それでしばらく使っていました。

しかしつぶれたICが、捨てるにくやしく、どの部分が壊れたのか、テスターで動作をひとつひとつ確認しました。すると、2個のうち1個、フリップフ ロップは壊れておらず、ゲートICの、4回路入っている1個だけ出力がショート状態である事がわかりました。壊れた回路に繋がっているICピンをニッパー で切り取り、もう一度これらのICを基板に戻したら、何と、動作するではありませんか!

そんなアホな! 目の前の状況は、真空管を1本抜いたラジオが鳴っているような(当時の心境です)信じられない事です。組み立て前に、回路の動作原理をよーく理解して取り掛かったのにー。

(写真は2号機の基板。左のICの手前右から2本目から4本目まで、足がちょん切られているのがわかるでしょうか?) もう一度回路図を取り出し、切り飛ばした部分をにらみ、よーく考えると、元の回路と少し異なる原理で動作する事に気がつきました。

しかし、こんな偶然があるでしょうか? しばし開いた口がふさがりませんでした。この2号機の基板は、足を3本切り取ったICを乗せたまま、今もシンガポールの家で眠っています。

3号機

2号機の短点が足りなくなる現象は、短点メモリーが無い事が原因と思い当たり、メモリーつきのキーヤーを作成しました。 74年、大学の4年になっていました。大学の工作センターでアクリルを加工し、ケースをひねっても影響を受けない、しっかりしたパドルを製作しました。

動作は満足の行くものでしたが、送信機からのインターフェアを受けて誤動作することがあったため、ケース内のそこらじゅうにパスコンをつけまくりました。これは大変に実用的で、ずいぶん使いました。

TS520にアップバータをつけて、50メガから430メガまで出ました。

 

4号機

81年、米国でメッセージがメモリーできるキーヤーのキットを見つけ、米国みやげ代わりに製作しました。キットの部品が足りなかったり、間違って高 電圧をかけて壊してしまったり、さんざの目に会いましたが、出来あがりは大変にスマートで高機能。メーカーの実力に脱帽でした。因みにヒースキットで、当 時のお金で3万円相当の米ドルを払いました。思えば、円安の時代でした。

5号機

バグキーを打ちたかったのですが、腕が伴わず。ある時、エレキーで手動の長点を出し、その後の符合とのスペースを自動調整すれば、きれいな信号が出 せることを思いつき、早速実験開始、3号機にボードを付け足して、自称「エレバグキー」を完成させました。喜んで使いました。86年でした。

6号機

この頃、CMOSのICを多数使ったVFOなどを作り、消費電力の少なさが気に入っていました。CMOSは送信機のインターフェアーも入りにくいと の情報もあり、電池で運用できるようにしたい、またかなりはやってきていたアイアンビックキーヤー(スクイズキー)にもしたい、などのニーズ(誰の?)に も応えて、一念発起、1枚基板、CMOS、電池内臓、スクイズキーもついたエレバグキーを設計し、完成させました。

これで気分良くエレバグモードの和文QSOをやりました。これはかなり気に入り、87年のCQ誌に投稿し、掲載されました。ところが、回路図とパ ターン図の両方にミスプリがあり、多数問い合わせを受けました。北海道から不動作の実物も送られてきました。これもシンガポールについてきましたが、当時 小型と思ったその作品は、今にち改めて見てみると、IC706より少し小さいだけです、hi,hi。

7号機

ある時期、ようやく私も機器への組み込み用マイクロコンピューターが使えるようになり、色々の製作をやりました。ある時、日本橋で600円のマイコンボードが売られているのを見、早速購入しました。600円のコンピューターなんて、私には考えられませんでした。

ところが、こんな簡単なものでもエレキーが作れることを思いつき、早速例のエレバグキー(もちろん、普通のエレキーのモードもある)をやってみました。大成功。

気分を良くして、またCQ誌に投稿しました。96年のCQ誌に掲載され、プログラムや、焼付け済みのROMの提供要請が入りました。シンガポールへ来てからSARTSのミーティングでも1度発表しました。

8号機

シンガポールで9V1KJ工藤さんに貸してもらって読んだ2000年のCQ誌に、PK-3という超小型のエレキーICの記事が載っており、米国のメーカーから買ってボードに組み付けました。

一方、9V1JA生沼OMに、PK-4ポケットキーヤーなる物を見せてもらい、超小型キーヤーへの電池ホルダーの組み込み、ボードに取り付けたスイッチの頭をケースの外に突き出すやり方など、ヒントをもらいました。

大阪に帰ったときにタバコ大のケースを買い(詰め込めるかどうか自信が無かったけれど)、シンガポールへ戻って、組み込みました。きっちりの大きさでした。6号機と並べてみて、大幅なダウンサイジングに恐れ入りました。しかし、エレバグモードが無いのが、不満でした。

この頃、実験用等に持ち運びの簡単なパドルが欲しくなり、手のひらに乗る簡易パドルを1個作りました。シンガポールに持ち込んでいた2号機、5号機 から、のこぎりの刃やアクリルを取り出して、これに使いました。2号機は分解となりましたが、30年振りに部品が再利用されました。5号機は、残った部品 で抜き出した部分を代替して、再度組み立てました。

9号機

今年になり、私もPICマイコンが少し使えるようになりました。最初に作ったものが、LEDをネオンのように点滅させる実験ボードで、日本人ハム仲間のアイボールQSOの時皆さんに見せたら、ばかばかしさに大笑いされました。PICは容量が小さいですが、何と言ってもその小ささと、安さ(1個150円からある)は大きな魅力です。また、省電力です。

これに7号機のソフトを移植してエレバグキーを作りましたが、スピード設定は、まだスイッチでしか出来ませんでした。ローカルハムの9V1ZK、 Fredさんが、ADコンバータが無くても、アナログの抵抗値を測定することが出来るというアドバイスをくれ、早速教えてもらいました。その技法を用いて PIC版のエレバグキーの実験を重ね、出来あがりました。何と、キーヤーの中で、掛け算やら割り算までやっています。自動でCQも出ます。

Fredさんがこのキーヤーを気に入り、回路図を清書してくれたり、基板を設計したり、とうとう出来たての基板5枚を気前良くゆずってくれました。 例によって、タバコサイズのケースに組み込んで、完成です。バグキー風のCQにカスタマイズし、世界にまず1台しかないと、自己満足しています。 hi,hi。

あー、やはり9台でした。いままだ残っているのは、4号機以降です。2号機はボードだけになりましたが、今も部屋で眠っています。このうち、モニター発信機は、33年前の1号機のものです。私も、物持ちがいいですね。

え!、つまらん話やった? すみません。

これは、寝る前に読んでください。眠くなりますので。あ、朝でしたか? どうもすみません。

あとがき

自動CQのエレバグキーヤー(9号機)に興味のある方は、お知らせ下さい。Fredさんがくれた基板がまだ3枚残っています。ソフトはメールでお送 りします。或いは、実費で焼きこみ済み(勿論、コールサインを指定のものに入れ替えます。hi,hi。)のPICマイコンを提供します。

え、そんなけったいなもの、いらん?どうもすみません。

 

島津清孝

9V1DJ/JA3KAB


N D X A Report 2002-号外1 No.329

JA3AER Profile

logo371
b_lin017


 

CALL QRA QTH
JA3AER 荒川泰蔵 大阪狭山市
ja3aer-A1qsl JA3AER局のQSL

海外での運用
アマチュア無線を海外で運用する醍醐味はまたなんとも言えません。
写真は1999年にブルネイで開かれたSEANETコンベンションで、特別
イベント局(V8SEA)を運用しているところです。

国際的な趣味
アマチュア無線は米国滞在中も、英国滞在中もそれぞれの国で
試験をうけ免許を得て運用を楽しみました。国際的な趣味で世界中
どこへ行っても仲間がいます。下の写真は英国での試験を1999年度の
関西ハムの祭典で話したときのものです。

ja3aer-B1qsl
ja3aer-C1qsl

 


ハム切手の収集 アンティークラジオ
写真は英国に滞在中に英国アマチュア無線連盟(RSGB)の機関紙(Rad Com)
にハム記事を書いた時の掲載紙の表紙です。また、無線通信の歴史は僅か
100年余りですが、その著しい発達に、遥か昔からと錯覚を起こしてしまいます。
米国でも英国でもこれらの歴史を伝えるアンティークラジオの収集や研究が盛ん
で、個人的な私設博物館を含めて沢山の博物館があります。
ja3aer-D1qsl

JA3AER荒川泰蔵プロフィール
1957年にJA3AER開局以来今日に至るが、仕事で米国駐在中(1978-1988)はN2ATTを開局して運用、英国駐在中(1990-1998)はGW0RTAを開局して運用した。この3局(3大陸)でDXCCを保有するもエンティティは少ない。
一方、1999年のSEANETコンベンションでブルネイからV8SEAを運用、その後東マレーシアから9M8TGをゲストオペしたのを含めて、5大陸38エンティティからQRVした。
アマチュア無線以外にもアンティークラジオのコレクションや郵便切手の蒐集などの趣味を持ち、これらのクラブ等から届く機関誌や会報など読み切れなくなっ ているHi。仕事はシャープ株式会社を定年退職するも、引き続き同社の研修所で品質管理関係の講師を務め週に2,3日出勤している。
アマチュア無線関係では、このNDXA以外に、河内長野市アマチュア無線連絡協議会、大阪国際交流センターラジオクラブ、JANET、JAIG、JAG、JARL、CDXC(英国)、RSGB(英国)、QCWA(米国)、RCA(米国)、ARRL(米国) 等のメンバーである。


ライン